アセスメントサービス

アセスメントサービスバナー

優れた脅威検出機能とネットワークの可視化機能を備えたネットワークトラフィックアナライザ「MENDEL」を用いることにより、デバイスアセスメントだけではなく、セキュリティアセスメントも行うことができます。

i-Cybertech アセスメントの特徴

Windows等の端末の他に、今後のIoTなどの新しいデバイスや管理外のデバイスなど、全てのデバイスについて、既存システムに影響を与えず把握することができます。さらに、未知のマルウェアによるセキュリティ脅威対策を行うことができます。

  • 既存のネットワーク環境に影響を与えずに隅々まで調査し、接続する全デバイスを把握します。
  • IoTデバイスや、工場の制御システムなど従来製品では未対応のデバイスも検知します。
  • 管理用ソフトウェア(i-AssetBox)の導入で、お客様側でも継続してデバイスアセスメントを実施することが可能です。
  • ネットワークアセスメントやセキュリティアセスメントも実施可能です。

導入イメージ図

i-AssetBox機能

  1. MENDELからデバイス・ネットワーク・セキュリティ情報が、i-AssetBox(自社製品)に定期的に書き込まれます。
  2. 情報システム部門の方は、i-AssetBoxにアクセスし、デバイス情報を参照、または、CSVにて一覧を取得することができます。
  3. i-AssetBoxの情報は、他社製品のデータをCSV読込や手動登録することにより、更新することができます。

デバイスアセスメント

社内ネットワークに接続されている端末の棚卸を行うことにより、
社内管理外(不正な端末)や管理漏れの端末、また脆弱性のある端末を検出することができます。

  • 検出ホストの集計
    有効MACアドレスとそのMACアドレスを使用するIPアドレスの紐づけや、VLAN・セグメント別集計を行います。
  • デバイス報告書
    デバイス情報、プロトコル別トラフィック情報TOP3、カテゴリ別イベント発生数、高深刻度イベントTOP3等の情報を表示いたします。
    (報告書記載データ内容について、CSVファイルでのご提供も可能)

ネットワークアセスメント

ネットワークトラフィックやパフォーマンスの分析により、ネットワークのループやボトルネック等課題の原因を特定することができます。

  • トラフィック量の推移
    ミラーポート流入の全体トラフィック量(IN、OUT)の推移を確認が可能
    VLAN、セグメント単位でのトラフィック解析が可能
  • 各種パフォーマンス情報
    VLAN、セグメント単位、またサービス単位でのパフォーマンス(応答時間)変動の確認が可能

セキュリティアセスメント

デバイスアセスメントにより検出したイベント結果から、優先付けした対応方針のご提案が可能です。

イベント例:

  • SMBによる異常
  • ネットワーク異常検知
  • 偵察(情報収集)
  • 脆弱性攻撃
  • 通知・異常な通信等

MENDELを利用することにより、アセスメント以外にも、ネットワークの脅威や今後発生するセキュリティ脅威を検出することができます。
詳しくは、下記のMENDEL製品紹介ページをご確認ください。

ネットワークトラフィックアナライザ「MENDEL」
https://isec.ne.jp/mendel/