iSEC VDI

弊社では、OSSのカスタマイズにて、仮想デスクトップターミナルサーバを開発し、2000ユーザの環境で実際に運用させることに成功しています。動作が軽く、必要なハードリソースは、一般的な仮想デスクトップの約8分の1です。また、仮想デスクトップの接続毎に環境をリフレッシュさせるなど、セキュリティ面も考慮して設計しています。ネットワーク分離、シンクライアント環境構築等の場面でご活用下さい。We have developed a virtual desktop terminal server by OSS customization and succeeded actual operation in 2000 user environments. The virtual desktop terminal server is light in action and hardware resources required is about one eighth of the normal virtual desktop. In addition, we designed it considering the security aspects, e.g. refreshing the environment each time it connects to the virtual desktop. Please use for network separation, the development of thin client environment, etc.

iSEC VDI 紹介資料 pdf

VDIの利用シーン

拠点が複数を持つ組織・企業、テレワーク推進企業

地方や海外からでも、自社・自組織が保有する環境に簡単にアクセスできます。また、在宅勤務者がセキュリティ面を気にせず、業務に臨むことができます。

拠点が複数ある

自治体や医療・金融機関など

ネットワーク分離により、個人情報などの機密性の高い情報を、安全に管理できます。

自治体や医療・金融系など

<サービス利用事例>

  • 兵庫県
  • 住所:〒650-8567 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
  • 職員数(一般行政部門):6,063人

※平成28年4月現在、同県では外部からの攻撃に備え、 「マルウエアふるまい検知」「サンドボックス検査」、「通信内容の監査」など最新のセキュリティ施策を展開しています。また、「兵庫県情報セキュリティクラウド」を運営し、県下41市町に対してプロアクティブな対策を提供するなど、情報セキュリティに関して、先進的な取り組みを行っている自治体の一つです。

教育機関など

個別の設定を保持したまま、PCなどの機器を複数の生徒・学生間で共有することができます。

教育機関など

VDI導入のメリット

(1)情報漏えいのリスクの低減

  • 操作PCがウイルスに感染しても、画面を転送しているだけなので、実データに影響しない。
    また、仮想サーバ側の感染は、クラッシュ&リビルドで即復旧可能。
  • 操作端末を紛失しても、実データが端末に残っていないため、悪用あるいは改ざんされる心配がない。

(2)利便性確保とコスト削減を両立

  • インターネットに接続するOpen系と、重要データを保管しているClosed系をネットワーク上分離。その双方に同じ端末からアクセスできる。(利便性の確保)
  • 一方、OS、アプリケーション、データに至るまでサーバで一元管理することが可能。(運用コストの削減)

(3)高いモビリティを実現

ターミナルサーバへアクセスできる環境さえあれば、端末や場所を選ばず、同じ作業環境を再現できる。

iSEC VDI 紹介資料 pdf