[022]ネットワーク遅延の原因を特定するには?

お客様の課題
ネットワーク遅延の原因を特定するには?
iSEC ソリューション
MENDELを導入することにより、送信元と送信先、プロトコル、通信内容、RTT(ネットワーク通信時間)及びART(アプリケーションを含めた通信時間)の可視化により、
①クライアント導入アプリケーション
②サーバ側のミドルウェア
③中間のスイッチやプロキシ
のどこに、ボトルネックがあるのかを判断することができます。

このソリューションが生み出された背景
Windowsのバージョンアップをするたびにブラウザのコネクション数が増えると、セッション数やダウンロード数等も増え、結果的にネットワーク機器やプロキシに負荷がかかることが多いです。
また、年度が替わるときにデスクの配置替え等によりループが発生したり、ファイルデータの移行によりサーバやネットワークに負荷がかかるため、そのようなときに、ボトルネックを調査することが頻発していました。
この課題に対応するため、当社はネットワーク通信の見える化を行うことができるNTA(ネットワークトラフィックアナライザ)製品を比較検討し、取り扱いを決めたのが現在展開しているMENDELです。その他にも当社が独自開発した通信分析(NTA)もあります。
お客様が快適に利用できるネットワーク環境を整備できよう取り組んでまいります。

提案ご依頼フォーム
https://isec.ne.jp/contactlists/inquiry/