[007]労働管理・セキュアな在宅勤務を実施するには?

お客様の課題
労働管理・セキュアな在宅勤務を実施するには?
iSEC ソリューション
「Ekran System®」で画面を保存することが労働管理やセキュリティインシデントの抑止効果となります。

このソリューションが生み出された背景
労働管理を行うには労力がかかるため、強制するのではなく、抑止させるための「記録」という手段が有効です。パソコンのカメラを使って顔認証を行うことによりパソコンの前に社員が実際にいるかどうかを認識する製品がありますが、生産的ではありません。

「Ekran System®」で画面を保存し、保存されているということを意識することで、不正に対しての抑止効果を与え、社員は適切な行動をとります。「Ekran System®」では、入力したタイプを記録することによりデータを検索しやすくしたり、取得したデータを特定のユーザに対して画面共有することにより、ナレッジの共有にも使えます。さらに、画面全体ではなく今まさに利用しているウインドウだけの記録を可能にするなど、証跡管理という面で、機能を突き詰め、なおかつ、組織に安く導入できる製品です。
「Ekran System®」を使い、数万人の組織に対して抜き打ちテストを行った結果、社員は常に記録されているという意識を持つことにより、労働管理だけではなく、データの取り扱いをより注意深く行うよう意識も変化しました。

提案ご依頼フォーム
https://isec.ne.jp/contactlists/inquiry/