サイバートレーニングサービス – 座学

サイバートレーニングを受講される対象の方と前提知識

制御サイバートレーニングを対象の方

  • レッドチームメンバ、ICS/SCADAのペンテストを行う方
  • ICS/SCADA バグハンティングをする方、エクスプロイトを書きたい方
  • 政府や軍のサイバー戦争班
  • エアギャップをバイパスする必要のあるペンテストを行う技術者

必要な前提知識

  • ファジングとシステムハッキングの基本
  • プログラミング(C言語、python言語)の基本知識
  • ネットワークの理解とTCP/IPの基本知識

サイバートレーニングの流れ

以下は、一例です。実施にあたっては、事前にご記入いただくアンケートに基づき、お客さまと受講者側で打ち合わせの機会を持ち、トレーニング内容を決定します。

サイバートレーニングの流れ前編サイバートレーニングの流れ後編