Safetica DLP – 製品詳細

ソフトウェア版とウェブ版の違い

  • ソフトウェア版
    細かい設定や詳細な情報が表示され、技術者向け
  • ウェブ版(Websafetica)
    使いやすく、一般管理者向け。
    モバイルデバイス管理など、一部、 ウェブ版のみに搭載された機能も
  • 両方に共通する機能
    アラート管理機能
    レポート機能
    フィードバック機能
    データ移動

アラート機能

  • 怪しいふるまいなど、イベントが発生したら、アラートがあがるように 設定できます。
  • 設定に従い、Safeticaのコンソール内でアラートが上がります。メールによる 通知も可能です(アラートごとに受信者やグループを設定することができます)
  • アラートの種類は下記の四つに分類されます
    セキュリティ:ポリシー違反など
    インフォメーション:ウェブサイトの使用規定を破った際など
    サービス:技術者向け、データベースの問題などが発生した場合
    スマート:異常なふるまいを検知した場合。ウェブ版限定の機能

レポート機能

管理者向けの機能です。
一般的なシステムの利用情報、ユーザふるまいなどの報告書は、WebSafeticaのコンソールからダウンロード可能です。
Auditor(※1) を利用することで、時系列のレポートにも対応しています。
※1 Safetica DLPのモジュールの一つです(後述)
※2 日本語GUIの対応が可能

レポートサンプル

下記はレポートサンプルとなります。