i-Auditor for File Server

i-Auditor for File server Banner

i-Auditor for File Serverの概要

エージェントレスなファイルサーバ専用のアクセス管理ツール

  • 組織全体のファイルサーバアクセスログを集中管理
  • スイッチを通過する全てのファイルサーバのアクセス状況を可視化
  • モニタリング機能とリアルタイムアラート通知機能を搭載
  • あらゆる種類のファイルサーバに対応(TeraStation、NetApp、Equallogic、ReadyNAS等)
  • 「Windowsバージョン情報」および「ユーザ名」の取得が可能に
  • 既存の環境に影響を与えずスピーディに導入が完了
i-Auditor for File Serverによって、あらゆるファイルサーバのアクセス監視が可能となります。エージェントが不要で、既存の環境に影響を与えることなく導入が完了します。不正操作やサイバー攻撃の検知機能だけでなく、機密性の高いファイルにアクセスした場合に、管理者へリアルタイムに通知する機能を備えており、情報漏えいの防止にも役立ちます。

このようなニーズをお応えします

  • PCI DSSの要件に
    対応したい

    PCI DSSに対応したログレポートを
    出力できます。これは、インシデント発生時の
    根拠として利用できます。

  • スピーディにサーバのアクセス
    監査を行いたい

    ミラーポートに設置するだけで導入が完了するため、
    既存のネットワークへの影響を考慮する必要がありません。
    設置後すぐにアクセスログの取得を開始できます。

  • Windows XP搭載の端末を
    排除したい

    ネットワークに脆弱性がある
    古いWindows OSバージョンの端末を
    検出できます。

  • 全ての拠点のファイルサーバを
    一元管理したい

    同時に複数のサーバを監視できます。
    出先拠点(支店、支社等)までを含めた、
    複雑かつ大規模なネットワークにも、柔軟に対応します。

i-Auditor for File Serverならログから不正操作を特定可能

i-Auditor for File Server dashboard example

■ 一目でわかる操作ログ
i-Auditor for File Serverは、情報漏洩対策を目的としたツールです。通信パケットをキャプチャし、ファイルサーバ上にあるファイルアクセス履歴を理解しやすい操作ログとして出力します。

■ 不正操作の特定が容易
i-Auditor for File Serverは、アカウント名とクライアント名を取得するため、特定の端末をその所有者以外が操作したことを検知できます。
さらに、ファイルサーバ上でのファイルの「コピー」や「読み取り」などの操作を判別・記録し、組織内の不正特定に有効に機能します。

■ サーバへのアクセス状況を記録
i-Auditor for File Serverは、サーバのユーザ認証情報を記録します。これにより、「いつ・誰が・どのクライアントPCから・どのサーバにログインしたか」を簡単に確認できます。