i-Auditor

i-Auditor for File server Banner

i-Auditor 概要

  • 組織全体のファイルサーバアクセスログを集中管理することが可能
  • スイッチを通過する全てのファイルサーバのアクセス可視化が可能
  • あらゆる種類のファイルサーバに対応(TeraStation, NetApp、Equallogic、ReadyNAS等)
  • リアルタイムアラート通知とモニタリング機能
  • 「Windowsバージョン情報」及び「ユーザ名」の取得が可能
  • 既存の環境に影響を与えずスピーディに導入可能

i-Auditor for File Serverは、ファイルサーバへの不正操作やサイバー攻撃がわかるファイルサーバ専用のアクセス監視ツールです。エージェントが不要で既存の影響に与えず、あらゆるファイルサーバに対してアクセス監視を行えます。さらに、機密性の高いファイルにアクセスした場合に、管理者へリアルタイムに通知することにより、情報漏洩を未然に防止します。
i-Auditor for File Server

i-Auditor for File Server の活用シーン

監視イベント利用型でよく発生するトラブル

サーバアクセスに関してよくある問題
このような情報漏洩が発生した場合、「誰」が「何」をしたか特定できますか?
従来のアクセスログ製品
従来のアクセスログ製品では…

  • ファイルサーバからデータが漏洩した際、ユーザのファイル操作のうち「コピー」と「読み取り」の区別ができません。
  • ログイン時のログはアカウント名しか記録されていないため、利用者アカウントと利用PCの不一致を判別できません。

i-Auditor for File Serverならログから不正操作を特定可能

i-Auditor for File Server dashboard example

■ 一目でわかる操作ログ
i-Auditor for File Serverは、情報漏洩対策を目的としたツールです。通信パケットをキャプチャし、ファイルサーバ上にあるファイルアクセス履歴を理解しやすい操作ログとして出力します。

■ 不正操作の特定が容易
i-Auditor for File Serverは、アカウント名とクライアント名を取得するため、ある社員Bが別の社員Aのクライアントを操作したことも検知できます。さらに、ファイルサーバ上でのファイルの「コピー」や「読み取り」などの操作を判別・記録するので、社内不正に迅速に対応できます。

■ サーバへのアクセス状況を記録
i-Auditor for File Serverは、サーバのユーザ認証情報を記録します。つまり、いつ誰がどのクライアントPCからどのサーバにログインしたかを簡単に確認できます。