労働環境・採用に関する取り組み

皆と同じ職場に同じ時間に出社して、同じくらいの時間に帰るといった働き方が「普通」とされ、多くの企業や労働者がそれを当然のこととして受け入れています。こういった従来型の働き方しか認めない企業では、決まった場所で・決まった時間・決まった曜日に働く、という働き方が叶わない人を「労働者」のカテゴリーから排除してしまいます。
しかしiSECでは、これは企業側にとって大変不利益なことだと考えます。なぜなら、育児、介護などさまざまな理由で働くことをあきらめている人、留学生、インターンシップ生など限られた時間のなかで日本での就労経験を得たいと考えている人のなかにも、たくさんの有能な働き手がいることがわかっているからです。当社では、場所や時間にとらわれない、自由な働き方を認めて優秀な人材を確保し、彼らを全面的にサポートするための制度面、環境面の整備を進めています。

テレワークの推進

sample当社では、創業まもなくからテレワークを導入し、自宅であっても会社にいるのと同じように働ける環境を整備とその改善を続けてきました。
テレワークは、身体的な理由で出社が困難な人、育児や介護中の人、また、在宅勤務やUターンを希望する人など、旧来の考えの下では「労働者」となれなかった人に、働くための環境を提供します。

女性社員の積極的採用

女性社員の積極的採用私たちは、男性とは異なる視点や価値観を備えた女性をうまく活用することが、企業にとって、今後の成長の鍵だと考えています。とくに働きざかりの女性は、結婚・出産・育児などで、大きな環境の変化に直面します。そのような状況にあっても、これまでと変わらず働き続けることができるように、育児休暇の取得奨励やフレックスタイム制の導入、テレワークによる在宅勤務の容認などを行い、継続的な雇用を実現しています。

外国人技術者の採用

外国人技術者の積極活用iSECでは、外国人技術者を積極的に採用しています。現在、日本国内では、セキュリティエンジニアの数が大きく不足しています。ところが、国外に目を向けてみると、豊富な知識や経験を有するエンジニアが多く存在していることがわかりました。優れた言語能力をもとに、諸外国の最新のニュースや論文を読みこなし、外国企業とのやりとりに臆することなく対応できる外国人エンジニアは、当社の事業を推進する上で要となる存在です。留学生、インターンシップ生も含め、即戦力として、積極的に採用を行っています。

ワークライフシナジー

ワークライフシナジーiSECではワークライフバランスを実現することで達成される、ワークライフシナジー(仕事とプライベートの相互作用)を重要視し、従業員のプライベートの充実を図るための各種取り組みを進めています。
私生活には、仕事とは異なる種類の多くの刺激があります。その中で培われた経験や多面的な視点は、仕事における発想力や行動力、提案力などによい影響を与えます。また、プライベートを充実させるために、効率を意識して業務に取り組むことが、結果として職場での生産性や能率アップにもつながります。
特別休暇制度の整備、日中帯での懇親会実施、家族を交えたイベントの開催などで、仕事とプライベートの両立を支援し、双方の間で好循環が生まれることを期待しています。