CSRへの取り組み

今や、コンピュータや情報技術は、産業や社会インフラに欠かせない要素となっています。そればかりでなく、さまざまな分野で、「IoT」や「AI」などの新しい技術が取り入れられ、徐々に定着し始めています。このような状況において、情報セキュリティ対策は、経営上の重要な検討課題と位置づけられるようになってきました。
一方、新たな技術の普及は、これまでと違った形の脅威を生む可能性をはらんでいます。当社では、日々移り変わる脅威に対抗すべく、「新しい技術の研究」や「製品開発」、「ハイレベルなスキルを持った技術者の育成」などに取り組んでいます。 パートナー企業はもちろん、業界団体・機構、開発者コミュニティ、研究教育機関などとも連携を深めつつ、最先端技術を正しく理解し・活用していただける形にして提供することで、社会貢献を行っています。

サイバーセキュリティの独自研究

情報セキュリティ対策に関する研究開発 iSECでは、代表取締役社長直轄部門として「サイバーセキュリティ研究調査室」を開設しました。ここでは、サイバー攻撃やそれに関連する最新技術、サイバーセキュリティ先進国での対策事例・市場動向などの研究調査を行ってます。 調査結果は、情報セキュリティレベルとITリテラシ向上のために広く皆さまにお役立ていただきたいと考えています。社内にてノウハウを蓄積することに留まらず「情報発信による社会貢献」を重視し、研究成果を公開しています。

https://isec.ne.jp/research/

情報セキュリティ技術者の育成

技術者の育成セキュリティ技術とITリテラシレベルの向上には、高度なスキルを持つ技術者の存在が不可欠です。経済産業省が2016年に実施した調査では、情報セキュリティの人材不足は13万2060人に及ぶことが示されています。一方、高度な知識やスキルを持った人材を育成するのは簡単なことではありません。
そこで当社では、教育機関と連携し、将来を担う情報系高等専門学校や大学の学生を対象に、情報セキュリティ教育や講演会を実施しています。また、早期より「情報セキュリティ分野」に興味を持ってほしいという願いから、最新のセキュリティ市場の動向や研究分野の紹介、進路ナビゲーションなどの活動を通じて、技術者と学生が交流する機会も設けています。今後は、インターンシップなどを通し、より実勢的な場を提供することで、「人材育成」という社会貢献を果たしていく考えです。