All posts by mourimika

情報セキュリティの専門家育成への貢献

2018年12月3日、執行役員の香山哲司が「(ISC)² Secure Summit Japan 2018」のスピーカーとして登壇しました。情報セキュリティ分野において急務とされるプロフェッショナル人材の育成に、iSECはこうしたイベントでの発表や事例研究を共有することで貢献しています。

世界170か国で約13万人(2018年6月)を超える会員を誇るInternational Information Systems Security Certification Consortium(通称:(ISC)²)は、1989年の設立当初より、情報セキュリティのプロフェッショナル育成に尽力しています。とくに認定資格制度の創設を手がけ、現在では情報セキュリティの専門家資格としてはスタンダードとなっているCISSP(Certified Information Systems Security Professional)を始め、様々な資格をグローバルに開発、提供しています。

CISSP資格保有者である香山は、東京と大阪の会場で関係者含め300名近くになった聴衆に対し、資格で得た知識を実際の業務でどのように活用したか具体例を交えて解説し、すぐれた技術や製品だけではなく訓練された人材こそが重要であることを指摘しました。新しい技術はメリットをもたらす半面、必ずデメリットがあり、新しい脅威を生み出しかねないことにも触れ、資格の取得や維持をとおして最新動向を学ぶ機会をつくることを呼びかけました。

iSECでは、今後も情報セキュリティの人材育成に取り組む予定です。

情報セキュリティ分野における人材育成に貢献「(ISC)² Secure Summit Japan 2018」のスピーカーとして登壇する弊社香山

セキュリティ専門家育成に関する取り組み
https://isec.ne.jp/effort/isms-qma/

年末年始の休業日のお知らせ

誠に勝手ながら、12月29日(土)から1月3日(木)は休業日とさせていただきます。
休業日にお寄せいただいたご依頼・お問い合わせへに関しましては、翌営業日から順次対応させていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

MENDEL3.2のリリースについて

MENDEL3.2がリリースされました
NBAとIDSによって検出された脅威が、ダッシュボードで一目瞭然!操作もラクに

2018年11月、MENDEL 3.2では、ネットワーク全体を概観する新機能が追加されて、ネットワーク管理がしやすくなり、ネットワーク全体の状態を簡単に把握できるようになりました。

MENDEL 3.2 dashboard

『MENDEL』最大の特徴は、独自開発のネットワーク挙動解析エンジン(NBA)による脅威検出機能です。先進的な分析手法を6種類用いて、過去のトラフィックから検出ルールを作成します。さらに特殊なアルゴリズムと組み合わせて、機械学習に基づき、従来の侵入検知システム(IDS)だけでは検知できなかった未知の脅威を高い精度で検出します。

新機能

  • ネットワークの概要、検出された脅威、およびリスク順に並べたホストを表示可能な新しい管理ダッシュボード
  • データと情報を改善および簡略化した新しいセキュリティ・ダッシュボード
  • 複数のセンサーからの情報を表示可能
  • Telnet、LDAP、およびSNMPの各プロトコルの分析に対応
  • フロー内のアプリケーション・データの検索機能
  • Juniper Networks製ファイアウォールと統合
取扱製品 MENDEL
https://isec.ne.jp/MENDEL/

取扱製品「MENDEL」の名称について

優れた脅威検出機能とネットワークの可視化機能を備えたネットワークトラフィックアナライザ「Mendel Analyst」の名称を、このたび「MENDEL」に変更しました。